薄毛に効く薬はこれだけ!

薄毛 分け目 女性 髪の毛

 

年齢を重ねると体力の低下やしみ・しわ、白髪などなど気になることたくさんありますよね。

中でも抜け毛や薄毛は、歳をとらなくとも若い人でも悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

 今や育毛剤やシャンプーなどは安価なものから高価なものまで、数え切れない程の商品が存在していますが、はたして効果を実感している方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。

 

そこで今回は、抜け毛・薄毛に医学的に効果が認められているもの2点をご紹介します。

 

そもそも、なぜ薄毛になるのでしょうか?

私たちの髪の毛には、毛根に含まれる “5αリダクターゼ” という酵素の種類によって、Ⅰ型II型2種類の髪の毛があります。

 薄毛になりやすいのがⅡ型の髪の毛であり、男性型脱毛症(AGA)は成人男性に多くみられる脱毛症の一種です。

 おじいちゃんを思い浮かべてみてください。

前頭部から頭頂部にかけて薄くなりやすく、逆に側頭部や後頭部には元気な髪の毛が多いという特徴がありますよね。

 つまり、前頭部から頭頂部にはⅡ型の髪の毛が多く、側頭部や後頭部はAGAには関係のないⅠ型の髪の毛が多い領域になっているということなのです。

 リダクターゼを持つⅡ型の髪の毛には、男性ホルモンの一種であるテストステロンからジヒドロテストステロン(DHT)を作り出す働きがあります。

このDHTが、毛髪の生成に関係するアンドロゲンという受容体にくっつくことで、毛母細胞の働きを低下させ髪を細くさせたり、抜け毛を誘発させ薄毛になってしまうんです。

 

一方、女性の場合は男性と同じメカニズムで薄毛になってしまう事もありますが、ほとんどは女性ホルモンをはじめとする内分泌ホルモンの異常や過度のヘアケアや無理なダイエットなどが原因であるといわれております。

 

このように、男性と女性では原因が違うということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

医学的に効果が認められていて、抜け毛を減らし薄毛の進行を遅らせてくれる薬とはなんでしょうか。

それは、

ミノキシジルフィナステリドです。

 

ミノキシジルは、元々は血管拡張薬として開発された成分ですが、後に発毛効果があることがわかりました。毛根を活性化させ毛髪の成長期間を長くする効果があります。

大正製薬の「リアップX5」「リアップリジェンヌ」が有名ですね。

ミノキシジルの構造式 リアップX5 PlusNEO リアップリジェンヌ

 

一方フィナステリドは、毛母細胞の受容体に作用し、テストステロンがリダクターゼによってDHTに変化することを防ぐことで薄毛になりにくくしてくれます。

フィナステリドは、薬理作用から見ると男性専用というイメージを持つかもしれませんが、近年は若くして薄毛に悩む女性も増えており、ホルモンが原因で起こっている脱毛症であれば女性にもフィナステリドが有効であると推測されています。

プロペシア(Propecia)の商品名で多くの国で発売されています。

日本ではプロペシアの特許は2015年に切れており、各社から後発品が発売されています。

フィナステリドの構造式 プロペシア錠

 

ミノキシジルとフィナステリドでは薬理作用が異なるため、同時に使用することで発毛効果を高めることも可能性です。

ただし、使い続けなければ元に戻ってしまうというデメリットもあります。

デメリットもしっかり理解した上で医師の指導のもと使用するのがよろしいでしょう。

 

 

参照元、引用元:

【公式】本要約チャンネル【切り抜き】薄毛に効く薬はこれだけ!!最強の薄毛対策を3つも教えちゃいます!!

Wikipedia